効率的に使えるiPhoneの便利機能とは?

知りたい情報だけをキャッチする通知

iPhoneにはじつにさまざまな情報が入ってきます。メールや電話の通知だけでなく、あなたが愛用しているニュースアプリやSNS、アラーム、なかにはゲームや漫画などの更新通知が入ってくることもあるでしょう。とても便利なシステムですが、なんでもかんでも通知されるとうるさく感じてしまうこともありますし、電池の消耗にもつながってしまいます。

そこでおすすめなのが、ある程度通知を制限すること。通知を制限することによって知りたい情報だけを得ることができますし、急ぎでない情報はあとでチェックすることができます。この通知を制限するやり方はとても簡単で、設定画面を開いて通知してほしいアプリだけを通知許可にするだけです。これらはアプリを導入した際に「通知を許可しますか?」と出ているはずなので、最初に通知するかしないか決めてしまったほうが効率的でしょう。どちらにしてもあとから設定し直せるので、設定アプリで調整しましょう。

また、メールやメッセージも個別に通知を選択することができます。メッセージ画面で通知をオフにしたいものをタップし、お休みモードに変更すれば通知が来ることはありません。必要なメッセージだけ通知が来るようにしておけばとてもすっきりして、効率的に使用することができるでしょう。